HOME > 矯正について

矯正について

こんな症状はありませんか?

  • 脚の付け根の痛み
  • 片方の腰だけ痛い
  • 歩くとスカートがまわる
  • 座ると腰が痛い
  • 産前産後の腰の違和感

骨盤の歪みが疑われます。

※次の方も力になれますので
どうぞご相談にいらして下さい。

  • 側弯症と言われた。
  • 脚の長さが違っている。
  • 産後なかなかサイズダウンしない。
  • 骨盤ダイエットしたい。

※次の方は、是非アゴ関節の調整をして下さい。

  • 噛み合わせが悪い。
  • 大きく開くとクリック音がする。
  • 片側の頬が下がる。アゴが真ん中にない。
  • 顎関節症がなかなか改善しない。

骨盤の歪みを改善していきましょう。

IMG_18462.jpg

骨盤のゆがみは様々な身体のトラブルを引き起こします。
歪みの原因を探してやさしくていねいに筋肉をほぐし、
適切な方向にカイロプラクティック手技で仙腸関節を
調整していきます。
もしくはブロックというものを使って矯正します。

開きすぎや高さのズレなどさまざまなタイプがありますので、
期間は個人差がかなりあります。
高さの違いなどでは1度の調整でも高い効果が出ています。
骨盤ダイエットでも平均約-1.8cnの効果を確認しています。
是非一度お電話下さい。

O脚も歪みの1つです。

leg005.jpg

O脚の原因は内股です。
ガニ股ではありません。
内旋してしまった脚を元に戻していきます。
始めに固まった脚の筋肉をほぐします。
関節を調整しバンドによる固定を行います。
終了後、体操指導をします。
脚を閉じるための筋肉の育成が不可欠です。
一緒に頑張って行きましょう。
症状の強さにもよりますが,10回~20回ほどで完了です。
平均で約-2.4cmの効果を確認しています。
身長も若干高くなる方が見られます。

ナゼ歪むのか?

例えば、ちょっと左の腰を痛めたとしましょう。
右に体を預けるとラクだからと右に傾けたりすることが
よくあります。多くの場合、腰が治ったあとも右重心の
クセは残ってしまいます。そして右腰周りの筋肉が徐々に
硬くなっていきます。それが右側の骨盤を引っ張ります。
右の骨盤が上がってくると、バランスが悪いので無意識に
背骨をS字にしてバランスを取ります。
すると右の背中が張り、左の肩が凝り、首・頭の右側が痛む、
(肩と首は反対側になることもあります。)
と体全体に歪みが出てしまいます。この場合右の膝や足首に
痛みが出ることもよくあります。

つまり、たいしたことのないダメージが原因 になることが多くあります。

痛みがあるなら原因を取り除きます。
歪んでしまっていたら、歪みを無くして行き、本当の原因を見つけます。
ちょっとしたことでも、ご相談に来て頂くことをオススメ致します。

 

症例

症例1 骨盤矯正 

28才 女性
右側腸骨稜約2cm高
脚長差右足約1.5cm短
脊柱右回旋あり
2日おきに5回集中治療

右腸骨稜約3~4mm高
脚長差ほぼ0mm
脊柱右回旋軽減

以降週1回⇒2週に1回
でメンテナンス。

症例2 O脚矯正 

23才 女性
ヒザの間の距離
(両大腿骨内側上果間)
開始時 約4cm

施術完了後 約0.5cm
12回で施術終了。
-3.5cm

 

このページのトップへ